機器構成例(あくまで一例です。それぞれのお客様にあった構成を提案いたします)

機器 台数 基本ソフト等 特徴
サーバーマシン 1台 OS:Linux
DB:オラクル
RAID構成(*1)
  • 24時間稼動のため、サーバータイプですが、Unix専用マシンなど特別な機器ではなく、通常のDOS/Vマシンであり安価です。
  • WindowsではなくLinuxを使用することで、安価で信頼性が高く、ネットワークでのメンテナンス性も高いです。
端末PC n台 OS:Windows
Excel(*2)
  • 一般のPCでOK、OAとの兼用も可能です。
  • 設置数は無制限(*3)。
  • 全ての端末には同機能を持たせることができ、相互補完します。どれか1台が壊れても大丈夫です。
  • LANさえ繋がっていればどこでも設置可能です。離れた本社で工場の状態を見ることも可能です。
PLC 1台 MELSECや
MICREX
工場設備とはこのPLCを介して制御、監視します。
PLCにはタッチパネルを接続し、ここからでも工場を動かせるようにします。
これにより、万が一FAシステムやネットワークに支障があった場合でも、最低限工場を動かし、生産を行えるようにします。
印字機 n台   外部機器と接続可能な印字機であれば、印字すべき精米日付やロット番号などをFAシステムから送信します。
ロット番号を印字することで、後でのトレースも完璧、簡単に行うことができます。
検査機器 n台   外部機器と接続可能な検査機であれば、検査データなどをFAシステムに吸い上げ、保存することができます。
張込時の検査データを張込ジョブデータに結びつける
精米時の検査データを精米ジョブデータに結びつける
などすることで、問題発生時に検査データをすぐに調べることができます。
上位システム     お客様で既に持っておられる販売管理や在庫管理システムがあれば、これと結びつけることが可能です。
張込米の情報をFAシステムに送って使用する
包装の実績をFAシステムからもらって在庫データで使用する
など、データを有効に相互活用できます。
モデム 1台   別途電話回線が必要になりますが、リモートでメンテナンスを行うことで、問題発生時に素早く対応することが可能です。

(*1)RAID構成はご予算によりRAID1、RAID5を構成します。
(*2)帳票をExcelで出力するのに必要になります。帳票を出力する必要のない端末には必要ありません。
(*3)オラクルクライアントのライセンスは端末毎に必要になります。

戻る